記事の詳細

本日は昨日の続きでフェイスブックページの整理を行ってみました。

 

私の数日使った感想です。

1ヶ月ぐらい使って慣れて来た感想は

後日アップしますので、宜しくお願いします。

 

フェイスブック

 

フェイスブックページの特徴

 

①フェイスブック個人アカウントと違って、本名以外で登録可能。

・友達申請はできなく「いいね!」を押してくれた人は、

 友達ではなく「ファン」として扱われる。
⇒メルマガの読者登録に似てますね!

②ファンの人数は無制限

⇒ブログの読者数も無制限で同じです。

③時間指定投稿が可能

⇒まさしくブログの記事アップと同じ。

 私はこの機能が凄く便利に感じてます。

④サテライトページとして使える(SEOの対象になる)

・ちなみにフェイスブック個人アカウントにはこの機能は無い。
⇒ブログも上位表示されたりするおで一緒ですね!

⑤アクセス数やいいね!数を調べる機能が使える。
⇒ブログのアクセス解析に似てますね!

⑥フェイスブックにログインしていない人でも閲覧できる。

⇒逆にフェイスブックの記事が友達で無いと見れないので

  クローズなんですね!

 

※まとめ

・フェイスブックページは画像を付けて言葉を加えるだけなので

 ブログを作成している感じでした。

・しかもフェイスブックページはどちらかと言うと画像の方が

 メインなので文章は短く的確にする必要がある。

・一記事にかかる時間は圧倒的にフェイスブックページの方が

 短くて早いです。

・ただ問題になるのはブログと違って記事がフロー系

 (Twitterなどと同様に記事がどんどん流れて行ってしまうこと)

 なので、記事の管理は殆どできないです。

後は感覚的にはブログに近い気がしました。

ブログより創造力をたきつけられて面白い気がする。

 

これからいろいろ試してみます。

まだ作成した事が無かったら試してみると良いと思います。

 

当然、サイト作成するだけでしたら無料です。

フェイスブックの個人アカウントを持っていれば、

フェイスブックページは何個でも作成可能です。

しかも匿名で(会社名や商品、サービス名などでもOK)

 

●フェイスブックページの作成URL

【フェイスブックページのスタートページ】

 

【フェイスブックページの関連記事一覧】

フェイスブックページの作成方法(Part1) ~導入編~
フェースブックページ作成方法(Part2)~実践編~
フェイスブックページとフェースブックアプリの作成
フェイスブックページの懸賞サイトの効率的な使い方!
フェイスブックページと「ほうちブック」の利便性
フェイスブックページにおける「記事」と「アプリ」の役割
フェースブックページとフェースブック個人アカウントの違い
フェイスブックページがようやく10万いいね!に達した。
フェイスブックページのお助け「ほうちブック」の説明資料
フェイスブックページでほうちブックの具体的な運用方法

フェイスブックページの変化(フェースブックページでシステム化)

 

本日も最後までお読み頂きまして

ありがとうございました。

 

また、宜しくお願いします。

 

 

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る