記事の詳細

2020年に東京オリンピックの開催が決まって

私が一番感じたのは以前の下記の記事です。

 

『価値観の変化!』

 

これからの10年は、

『日本が世界のモラルのモデルになる必要がある』

と言う内容でした。

 

(AMAZON) 2022―これから10年、活躍できる人の条件

(AMAZON) 2022―これから10年、活躍できる人の条件
神田 昌典 (PHPビジネス新書)

 

この書籍に書かれていますが日本の場合は、

価値観はおよそ70年周期で変化があるそうです。

 

2015年の70年前は「太平洋戦争の敗戦」であり、

その70年前は「明治維新」でした。

 

それぞれの年でどういう価値観の変化があったかと言うと、

●「太平洋戦争の敗戦」から日本が参照した国は

 米国であり、価値観も米国を真似していました。

 

●「明治維新」の頃は、ヨーロッパを参照し

 価値観も習っていました。

 

次の変化の年は2015年と言うことになります。

 

2015年は後2年後であり、

日本は次にどこの国を参照するかと考えた時、

参照する国が思い付かないのが現状です。

 

何故参照する国が無いのか?

参照する国が無いのでは無く、これからは、
『日本が参照される時代になる』必要がある

と言われています。

 

私がこの本を初めて読んだ時、

『な~るほど~』と思いました。

 

愛・地球

 

世界では未だに戦争が絶えなく、

また貧富の差から来る国内問題は

多くの国で抱えています。

 

言うまでも無く争いからは何も生まれません。

こういう時代だからこそ、

日本人の昔から持っている

『思いやり』『真心』と言った

道徳的な精神が世界の見本として必要でしょう。

 

●オリンピック開催まで後7年!

 

●2015年からは日本が世界の見本になる時代!

 

流れは来てますね!

オリンピックは『平和の祭典』です。

 

平和で無ければオリンピックなんて

開催する意味が無いです。

 

平和になる努力は全員で行う必要があります。

平和になる為に必要になるのは『愛』ですよね!

 

何事にも『愛する心』『大切にする心』を持って

臨む必要があります。

 

やっぱりこの感性は日本人が一番高いでしょう!

だから見本にならなくてはならないです。

 

日本がオリンピック開催までに

絶対に行わなければならないことは、

『震災からの本当の意味での復興』です!

 

オリンピック予定地の開発が始まると

土木業のインフラが足りなくなってしまう懸念があります。

 

やっぱりまず復興を完遂して

オリンピックの新しい工事に入る必要があります。

福島原発の完全収束を率先して行って行く必要があります。

 

 

本日も、最後までお読み頂きまして

ありがとうございました。

また、宜しくお願いします。

 

 

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る