サラリーマンよ!刮目せよ!!(PART2)

サラリーマン
サラリーマン
 
前回は久しぶりにブログを書いたら長くなってしまった。。。
 
すみません、結論に達しなくて。
 

伝えたい事が多く、ついつい熱くなってしまいました。

肝心の『サラリーマンよ!刮目せよ!!』
 
ですが、何を言いたいかわかってもらえましたか?
 
まず”刮目(かつもく)”って言葉が聞き慣れないですよね。

伝えたかったこと

『刮目』の意味は下記です!
————————————————————
『男子三日会わざれば刮目して見よ』
 
原文は「士別れて三日なれば刮目して相待すべし」

⇒日々鍛錬する人が居れば、その人は3日も経つと見違える程
成長しているものだと言う意味。(出典は三国志演義)

⇒男子は3日も会わないでいると、どんどん強くなったり学習したり
人格発展したりから、目をかっぽじって合わないといけない
————————————————————
 
現状の社会情勢を冷静に分析すればわかりますが、サラリーマンは会社にぶら下がっていれば良い状態はとうに終了しています。
 
毎日忙しく働いて、会社を支えている方も多いと思います。
 
特に中・小企業に勤めておられる方は、役割も多く大変と思います。
 
ただそれでも、企業に属している限り”甘え”が少しでもあるのも事実です。
 
私はそうでしたし、当てはまる方も多いと思います。
 
会社の第一線で働いている方は、働いている能力分以上は、給料をもらってないのも事実です。
 
会社に貢献しているマインドは良いのですが、会社は必要が無くなったら、切る時は容赦無く切ります。
 
上層部の人事選考している方だけが残ったりしますが。
 
しかも文句ばかり言って仕事をしない一番不要な人間。
 
これを言い出すとまた長くなるので、また今度と言う事で(笑)
 
会社は存続しなければならないので、リストラも平気で行います。
 
いくら労働組合があったって、その会社自体の利益が無ければ労働組合も戦いようもありません。
 
その為にまず『個人が自活できる能力を、身に付けておく必要がある』と、私は考えます。

・会社にいきなりリストラ宣言されて、会社にしがみつくような行き方はイヤですよね?

・また、いつリストラ宣言されるのかわからず、ビクビク毎日働くのもイヤですよね?

今後10年間、この企業は安定しているって言う企業は思い浮かびますか?

数年前までは安定企業No1だった会社も、今は風前の灯火だったりします。

今こそサラリーマンは会社の枠を離れた場所でも一人前に稼げる能力が必要になってきています。

副業を勧めている訳では無いですよ!

そのマインドと努力している姿勢が重要と思ってます。

その自信があって臨めば、今までの会社生活も変わりますし人生も変わってくるでしょう!

今の時代はパーソナルな時代と言われています。
 
FaceBook、Twitterに見られる様にパーソナルツールを誰でも気軽に使える環境が整ってます。
 
個人が力を発揮するには最適な環境ですね!
 

これから私の必要と思う”マインド”サラリーマンでも”自活して稼ぐ事のできる副業”更新して行きたいと思います。

私の感じている理想型は、”復業”です。

やっぱり今の日本の社会システムでは、サラリーマンであるメリットは大きいです。

捨てる手は無い!!

それに加えて”副業”だと少し加えただけに感じるので、”復業”⇒給料相当のキャッシュポイントを持つのが良いと考えてます。

私もその方向で行いたかったのですが、ある理由があって出来なくなってしまいました。(この件はまたどこかで...)

では一緒に頑張って行きましょう。
 
今日も、最後までお読み頂きましてありがとうございました。
 
また、宜しくお願いします。