記事の詳細

通信手段を安くする方法はズバリ携帯2台持ち!

※音声通信端末とデータ通信端末に分けることで、
   通信費を最適化を計る!

 

上記までは前回までに説明しました。

かなり具体的な選択技も多く有効な方法でした!

 

ただ現存のキャリア(ドコモ、スフとバンクなど)が、

ユーザ目線の料金体系にしていないのが

そもそもの問題と思うのですが。。。

 

そこでカギになってくるのが、

データ通信費を下げる時に使う大手3大キャリア以外の

データ通信カード(SIM)ですね!

正式にはMVNOと呼ばれているものです。

聞き慣れない方も多いと思うので概略から説明してみます。

 

 

MVNO:Mobile Virtual Network Operator

日本語では仮想移動体通信事業者と呼ばれています。

MVNOとは、携帯電話の基地局などのインフラをドコモなどの

MNO(Mobile Network Operator)から借りて、

携帯電話向けサービスを提供する事業者のことをいいます。

 

NTTドコモのMVNO以外にも、WiMAXやEMOBILEがMNOとなる

通信サービスが各種MVNOより提供されています。

 

MVNO

 

最近かなり増えてきて競争も激化しています。

これからもっとニュースなどで聞く機会は増えると思います。

 

MVNOは元から通信費も従来のキャリアと比べれば

格安だったのですが、競争相手も増えて来てサービスも

ますます競争が激化しています。

 

なんとなく概要はわかりましたか?

 

電話回線のADSLを例にすれば、

ユーザーがADSLで利用しているのはNTTが設置した

固定電話通信網ですが、実際にユーザーが契約するのは

BIGLOBE(NEC)やNIFTY(富士通)といった

ISP(インターネット・サービス・プロバイダー)であり、

このISPに当たる部分をモバイルで展開する事業者を

MVNOというわけです。

新規産業なのでMVNO会社は増え続けてます。

基本は上記の固定電話時代からのISP会社である

OCNやhi-hoと言ったISPなのですが、

最近ではビックカメラや楽天ブロードバンドなども参戦しています。

新規事業とは言え、まさにレッド・オーシャンの気がしますね。。。。

 

説明だけで長くなってしまいました。

具体的にどこか良さそうなMVNOなのか等は、

次回から紹介させて頂きます。

 

かなり説明したことが多く長くなりそうではありますが

宜しくお願いします。。

※ちなみにMVNOドコモが正式に認可して行っているサービスです。

 

☆スマホの料金が高い方は下記の2つの検討が必要です!

 

【SIMフリー】話題のMVNOで格安スマホをゲットすれば通信費は激安!

>>格安スマホのユーモバイル!MVNOでお得です!<<

 

【スマホ本体】スマホ乗換はキャッシュバック率の高さで比較!

>>乗り換えで最大50,000円キャッシュバックキャンペーン!<<

 

【通信費の節約検討の関連記事】

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part7) 050plusの利用開始!改めて気が付いた利点

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part6) 携帯2台節約術と携帯一台での方法検討

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part5) MVNO仮想移動体通信事業者って何?

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part4) IP電話会社の具体的利用方法

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part3) IP電話を利用して携帯料金を安くする。

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part2) 音声専用携帯を作成して携帯料金を安くする。

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part1) 音声専用携帯とデータ通信専用スマホ

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part0)Emobile Stream Xで通信費の節約の評価

 

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る