紙copi Liteをクラウド化して便利に使う方法!

Kami Copi Lite のCLOUD化
本日は前回の投稿の続きで、EDITORのCLOUDでの利用方法について記載させて頂きます。
 
前回の紙CopiLiteは、メモ整理には最適なので使い倒して居ます。
 
ただ日々、紙CopiLiteでメモを取っているので重要なメモもあり外出先で見たいケースも多々あります。
 
そのケースに対応する為に私は下記の様に使っています。
 
Kami Copi Lite のCLOUD化

《目次》気になるところから読む!

紙copi Liteをクラウド化

 
●設定手順 (すごくシンプルです)
 
①各マシンに”紙CopiLite”をインストールする。
 
②紙CopiLiteの[他]⇒[動作設定]⇒[新しい箱の作成]に紙CopiLiteのデータを格納したいフォルダを指定する。
 ※次回から新規に箱を作ると、このフォルダ配下になる。
 
③各マシンにSugarSyncをインストールする。

④SugarSyncの同一アカウントで上記のフォルダ(紙CopiLiteのデータ保存先)の同期設定を行う。

 

以上で終了です。
 
シンプルですよね!数分で終了します。

それでも効果は絶大です。

私はセミナーによく行くのですが、セミナー中も重要な部分は紙CopiLiteにメモしています。
 
自宅に帰って復習しようとした時にSugarSyncの同期が終了していれば、スグ見る事が可能です。
 
昔はUSBでコピーなどが必要だったのですが、そんな手間も無く非常に便利ですよね!
 
外出先で必要になりそうなメモもあらかじめ紙kopiLiteに書いておけば、外出先で見る事も可能になります。
 

注意事項

気を付けなくてはならない事は、

①外出先で必ずネット接続が必要になる。

②セキュリティーは低いと思われるので重要な内容は書き込めない。
 
時代の進化と共に便利になって来てますね!
 
利便性とセミュリティは必ず相反するので、そこだけ注意すれば、かなり便利に使えます。
 
この2つのソフトは私の外出には、かかせないソフトになっています。
 
またデータは自分のマシン下にあるので編集しやすく、紙copi.Netより使い勝手は良い気もしています。
 
ちなみにSugarSyncの代わりにDropBoxを使っても同じことができます。
 
DropBoxの場合は上記の紙CopiLiteの[新しい箱の作成]欄にDropBoxフォルダ下の紙CopiLite保存先を指定するだけです。
 
初心者さんにはDropBoxの設定の方が簡単かもしれないので試してみて下さい。

参考

DropBoxは同期フォルダを指定できないと思います。

逆にSugarSyncは後から同期フォルダを設定できます。

私は従来から使っている紙CopiLiteのフォルダを使いたかったので、SugarSyncを使ってます。

しかしこれから新規に作成するのでしたらDropBoxの方が設定は容易でしょう。

補足

DropBoxやSugarSyncと言ったCLOUDツールが登場する前から紙CopiLiteを使ってました。
 
海外出張も多かったので、これからのCLOUDツールと併用したく試してみたらうまく行え、それ以降使い続けてます。
 
★最強コンビの気がしています。
 
●参考URL
  ・DropBox
  ・SugarSync
 
 
本日も、最後までお読み頂きましてありがとうございました。
 
また、宜しくお願いします。