記事の詳細

こんにちは!

また暑くなってきましたね!

 

でも風は涼しい気がするので

昼間でも仕事は行えています。

 

本日は私が常々感じていた事を表現してみようと思います。

私が20年以上勤めていた会社を辞めた時に

考えていたことです。

 

たぶんこの説明が一番、「理にかなってる」

気がしていますので宜しくお願いします。

 

リスク整理

 

会社を辞める時に考えたのはやはり「リスク」です。

人生の選択を迫られた時に考えるのは「リスク」ですよね?

 

まずはリスクの整理からさせて頂きます。

日本やアメリカでは経営の神様的存在として

崇められているピーター・ドラッカー

『リスク』について整理しています。

 

その前に彼は「現代経営学」あるいは

「マネジメント(management)」 の発明者として知られていますが

マネジメントの一環として『リスク』について言及しています。

 

「マネジメント」は時々間違って捉えられている様ですね!

マネジメントと聞くと”管理”することと思いがちですが、

 

本当のマネジメントは
●「人が共同して成果を上げることを可能とし、

  強みを発揮させ弱みを無意味なものにすることである」

と、ピーター・ドラッカー『新しい現実』で定義しています。

もう少し具体的に説明しますと、

 

●「目標、目的を達成するために必要な要素を分析し、

  成功するために手を打つこと。」

 

●「組織(会社など)の目的を能率的に達成するために、

  組織の維持・発展を図ること」

 

となっています。

その中で選択を行う時に重要になってくるのが、

「リスクの捉え方・考え方」です。

 

ドラッカーさんは

「リスクには基本的に4つの種類がある」と定義しています。

①負うべきリスク

②負えるリスク

③負えないリスク

④負わないことによるリスク

 (ドラッカー『創造する経営者』より)

 

上記の様に分類して,意思決定を行う上でとても重要としています。

大切なことは、

「リスクの大小はリスクの大きさではなくリスクの性格で判断する」

としています。

リスクは”大きさ”で判断しがちですよね!!

 

①は必ず負わなければいけないリスク

・よく製薬会社の新薬開発が挙げられてますが、

 新薬開発には開発費が膨大にかかるが

 行わなければ会社の存続に関わる

 取らなければならないリスク。

 

②は負っても大丈夫なリスク

・選択可能であるが負っても問題無いリスク

 

③は負うと会社が潰れてしまうようなリスク

・選択しては絶対にいけないリスク

 

④は今までと変わらないことによって生じるリスク

・将来性に関わる事であり(機会損失)

 これが一番な重要で間違いやすい気がしています。

 

リスク整理なので”企業”に限った話しでは無く

個人の選択にも当てはまります。

特に④「今までと変わらないことによって生じるリスク」は、

「後悔」と照らし合わせて考えるとわかりやすいと思います。

 

人生の選択に於いて「後悔」はしたく無いですよね!

 

ただ二者択一の様な選択の場面に合ったら、

必ず一方しか選択できない訳であり人間なので、

「あの時、反対を選んでいたらどうなっていたんだろうな~」

と考えてしまうのは仕方が無いことだと思います。

 

特にその時に選択した方が厳しかったり、

うまく行かなかったりしたら尚更でしょう。

 

そんな時私は、

「後で後悔の少ない方」を、

その時に選択する様にしています。

 

選択している以上、後悔が発生するのは当たり前です。

だったらどちらを選択しても”後で後悔が少ない

と言える方を選ぶ様にしています。

 

「④負わないことによるリスク」と照らし合わせて見ると、

サラリーマンが独立する時など後回しにしがちです。

確かにリスクが多き過ぎますものね!

 

ただこのままサラリーマンを行っていて良いのか?
これも大きなリスクです。

 

海外勢に押され元気の無い日本の製造業、

雇用は縮小していると言うのに定年は延びている現状、

年金問題もしかりで、サラリーマンを取り巻く状況で

良い話が殆ど無いのが現状です。

 

アベノミクスでデフレ経済を克服するとは言っても

調子が良かったのは最初だけです。

 

私が会社を辞めた選択をしたのは、

今、「負わないことによるリスクの方が大きい」と考えたからであり、

今、行動を起こさないと「後で後悔が大きくなる」

と考えたからです。

 

ただ”脱サラ”を勧めているいる訳では無いですよ!

 

私も本当はしばらく復業で行きたかったのですが、

私の場合は転勤を伴う出向命令が出たので

行えなかったです。

それでも後悔の少ない方を選択している自信はあります。

退社に至った概要は伝わりましたかね?

 

本日も、最後までお読み頂きまして

ありがとうございました。

また、宜しくお願いします。

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る