記事の詳細

こんばんは!
 
ついに日本のスマホ・メーカーも撤退の方向ですね!
 
『NEC、スマホ撤退を発表 レノボとの統合見送りで 』
 
携帯電話で一時期No1だったNECもついに撤退。

 

レノボとの提携がうなく行かなかったのは、

ドコモの夏モデル戦略がありそうだけど。

 

ただ製造業は10年一周期とも言うので、
長持ちした方かもしれない。

 

ただまだガラケーはあるので、新しいコンセプトがあれば続くのかな?

 

携帯電話は生活必需品だし、冷蔵庫や洗濯機と言った

白物家電と同じ様になる?

 

何か想像が付かないです!!

 
◆詳細
・http://www.nikkei.com/article/DGXNZO57955060R30C13A7TJ1000/

・http://jpn.nec.com/press/201307/20130731_02.html

 

唯一国内で元気なのはSony(Xperia)ですが、

それでも業績が良いわけでは無い。

 

Samsung(韓国)も技術力で推進して元気だったが、
今春から株価も下がり衰退気味。
 
結局、唯一業界で業績が良いのはAPPLEだけですが、

そのAPPLEも売り上げが伸びている訳では無い。

 
スマホは必要だし売れているのに業績に直結しない。
 
主な理由は、開発費がかかりす過ぎるのと

競合他社が多過ぎるのが問題でしょう。

 

日本の製造業には頑張って欲しいです。
 
NECカシオモバイルにトドメを指したのは、

今夏のドコモの販促キャンペーンですね。

 

『ツートップ戦略(XPeriaとGalaxy)』

 

2トップ戦略

 

これで他のキャリアの息の根は止まった。

 

ただツートップ戦略もドコモの”苦肉の策”で有り、
転出者が相変わらず多いドコモは厳しい状況は変わらず。
 
ドコモも苦渋の選択でツートップ戦略を行うしか無かったのは、
言わずとしれたアップルのiPhoneですね!

 

長くなりそうなので続きは次回で!!

 
 
本日も、最後までお読み頂きまして
ありがとうございました。
 
また、宜しくお願いします。
 
 

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る