記事の詳細

今回は前回の続きでメーラーの使い方を紹介したいと思います。

 

あくまでも私にとって

”使いやすさと安全性”

を考慮した設計であり参考にして下さい。

 

メールの使い方は人それぞれで有り、

また使用頻度も高いので自分に取って使いやすい設定に

するのが大切と思います。

 

オーソドックスなメールの設定方法

アドレスを登録する時に使うメールアドレスは、

 独自ドメインサーバーで発行したオリジナルの

 メールアドレスで設定する。

独自ドメインサーバーとはサクラインターネットとかエックスサーバーと

言ったレンタルサーバーのことです。

 

サーバーをレンタルすれば、もれなくメールも付いて来ますし、

独自メールだけでも入手可能です。

 

私はレンタルサーバーを運用していない時から

メールだけは独自メールを使ってました。

 

サクラインターネットは10年近く使っている気がします。

メールアドレス無制限、容量10GBで1000円/年です。

安すぎますね!

ISP(インターネットサービスプロバイダー)の

アドレスだとISPを切り替えた時にアドレスも

引っ越しをしなくてはならないです。

 

最初から独自ドメインのアドレスにしておけば、

そんな心配は無用です。

使わない手は無いですよね!

 

 

WEBメールの利便性とバックアップの両立 

上記の独自メールアドレスで下記の設定を行う。

 ●データの完全転送 ⇒GMAIL等

●データを転送してもサーバに残す。

 

データは全てGMAIL等のどこでも見る事が可能な

WEBメールに転送します。

 

独自メールもそのレンタル会社のシステムで

WEBメールで見る事が可能なケースが多いので、

そのままでも良いですが、見にくいサイトが多い。

 

そのため私はGMAILに完全転送しています。

その時にデータは転送してもサーバに残す設定にしています。

 

POPメーラーの利用

従来からあるPOPメーラーと言われているメーラーで

自分のPC内にデータを格納できるメーラーで受信する。
 
POPメーラーで受信したらサーバ上のデータは削除する設定で行う。

POPメーラーとは昔から使われているOUTLOOKなどの

PCインストール型のメーラーです。

 

メーラー 

 

上記の①~③の設定を行えば、

普段はGMAIL等でメールチェックが可能で有り

自宅のPOPメーラーで一週間に一度ぐらいバックアップを行う。

 

上記設定で

「利便性も損なう事は無くバックアップも可能」

となります。

 

重要なメールをフリーメールだけで運用しているのは問題です。

特にビジネスで使われている方はフリーメールだけと言うのは

問題があります。

 

「転ばぬ先の杖」であり、何かあってからでは遅いので

早めに対応を行った方が良いです。

 

結局はGMAILなどのWEBメーラーは、

ビューワー(見る専門)のソフトと考えて使うのが

理想的と考えてます。

 

 

本日も、最後までお読み頂きまして

ありがとうございました。

また、宜しくお願いします。

 

 

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る