記事の詳細

オール電化住宅というのはその名の通り都市ガス、プロパンガスを使わない住宅だということです。

オール電化のメリットとは
メリット

ガスを使わないから嫌なくさい臭いはしませんし、火を使わないから、
火が燃え移るということがなく、おそろしい火災の危険はぐっと減ります

ガスコンロの細かい部品の、掃除しにくい汚れの始末は要りませんし
IHクッキングヒーターは平面なので、サッとひと拭きできれいになります
そしてなんと言ってもガス代にかかっていたガス基本料が要らないので、それがとても光熱費の節約になります。

生活に必要な電気の費用は、今まで使っていたガス代ぶんを入れて2倍になってしまうのではなく、
深夜のうちにお湯を沸かしてタンクにためておくので、昼間に比べてぐっと割安な深夜電力の料金になります。
ですから昼間は仕事に出ているのでほとんど電気をつかわないわというお宅には特にメリットがあるわけです。

オール電化にデメリットはあるの?

デメリット

IHクッキングヒーターは出だしたころは火力に問題がありましたが、今は充分な火力で調理が可能です。
住宅を新築される場合、設置コストは確かにガスを引くより割高ですが、
住宅ローンを組むのなら、気になるほどではないでしょう。

お鍋やフライパンなどの調理器もIH使用可のものでなければなりませんが、
今はほとんどのものがIH対応になってきています。
電気温水器を設置するスペースだけは確保しなければなりませんが背は高いですがそんなに大きなものではありません。

電磁波については携帯電話と同様で、ペースメーカー等を入れていらっしゃる心臓が悪い方は、
離れていれば大丈夫と言われています。

震災の時にも電気は一番復旧が早いですし安心感が違います。
寒い時や暑い時も頼りになります。

いざというときは温水器のなかのお湯も生活用水として利用できますから便利です。
最近は電気会社も自由に選べるようになってますから、シミュレーションをして、
自分の家庭の電気使用状況にあったプランのある会社を選ぶのが肝心ですね。
電気代の票を用意してよく調べてみましょう。

オール電化の詳細を知りたい時は、オール電化・光熱費が参考になります。

 

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る