記事の詳細

ついにドコモはiPhoneの参入へ踏み切りましたね!

 

やっとか!って感じはしますが、

ドコモとしては苦渋の選択でもあります!

 

これでいろいろな変化が発生します。

 

ドコモからiPhone発売

 

純粋なキャリア選択の時代

・今まではキャリアを選んで、そのキャリアの

 持っている端末を選んでいましたが、

 これからは端末は決まっているので

 純粋にキャリアの選択を行う事になる。

 

・つながりやすさ、価格、サービスなどの

 リアルな戦いになるでしょう。

 

・最終的にはインフラの強いドコモが残りそうですが、

 直近ではAUの方が良さそうです!

 

 詳しく書くと長くなってしまいますが、

 現在のiPhoneの使える使える周波数帯

 (800MHz,1.5GHz、2.1GHz…)とLTEで使う周波数帯の

 関係で基地局のインフラ状態が現状良いのはAUの様です。

 

 

何故ここまでドコモがiPhoneの販売を行いたくなかったのか?

 これは興味深いですね!

販売したくない「過去からの投資のしがらみ”」があったのは

言うまでも無いです。

 

具体的な考察は以前紹介させて頂きましので

興味がありましたら宜しくお願いします。

(内部リンク)DoCoMoとApple(iPhone)の関係についての考察!

 

ドコモは厳しい選択ですね!

 

ただ最終的な基地局のインフラ勝負になったら

ドコモの一人勝ちにもなりかねないですが。。。

 

インフラが強いからってドコモのインフラは

元はNTTの頃からの税金も使われています。

 

それを言ったら元KDDIのAUも当てはまる所がありそうだけど。

やっぱり頑張って欲しいのは孫さんのSoftBankですね!

 

iPhone5SとiPhone5Cは興味深いですね!

概略的にiPhone5Sはそんなに機能アップしていない。

iPhone5Cは新興国の戦略モデルなのか

かなり戦略的な価格設定です。

 

LCDスペックはiPhone5S同等、カメラスペックも殆ど同じ。

ハード的な差分は殆ど無く、これで同じ新OSも使えて
16GB:99ドル(約9,800円)の様です。

 

最終的には日本のキャリアの価格設定ですが、

あの機能で1万円しないのは凄いです。

 

ここまで安くするとは思わなかったです。

 

ただ価格競争になって成功した事例も少ないですよね。

iPhoneだったら高機能路線(ブランド戦略)を行っても

良かった気がしますがどうですかね?

 

ドコモもAPPLEも分岐点は始まったばかりであり

これから動きが激しくなりそうで注目です!

 

 

本日も最後までお読み頂きまして

ありがとうございました。

また、宜しくお願いします。

 

 

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る