記事の詳細

こんばんは!
 
本日は昨日の続きで、
DoCoMoApple(iPhone)の関係に付いて
コメントさせて頂きたいと思います。
 
ドコモとアップル
 
何か日本の製造業海外の製造業との縮図の気がしています。
 
ドコモが今夏のセールスで苦渋の選択の

「ツートップ戦略」を行うしか無かったのは、

AppleのiPhoneの影響と言う話までは

昨日させて頂きました。

 
結局、iPhoneの人気が国内でも根強い為、
iPhoneを販売していないドコモの転出者は

相変わらず多く厳しい状況が続いています。

 
ちなみにiPhoneは日本でも当然人気がありますが、
中国ではお金持ちのステータスになってます。
 

これだけ一商品がWW(ワールドワイド)で人気があるなんて、

製品(デバイス)では聞いた事が無いです。

 

Windows(マイクロソフト)も似た様な寡占状態の時は

ありましたが、これはソフトです。

 

デバイスでこれだけ広がるのは、ただ単に凄いです!

 

全世界でみんなが欲しがる洗濯機があるのか??
 
掃除機だったらある??
ダイソン(dyson)の掃除機だったらワールドワイドで

有名ですが、みんな欲しい訳でも無い。

 
世界が情報社会を通して近くなってきているので、

こんな現象が発生しているのでしょう。

 
iPhoneの売れ行きは異常です。

 

だったら何でドコモもAUやソフトバンクの様に

iPhoneを販売しないかですが、

販売したくない(できない)理由があるからです。
 
●ひとつは、アップルがキャリアに出す条件が厳しい。

 

年間総販売台数の半分以上をiPhoneにする。

と言う要求ががあるらしいです。 

 
半分もiPhoneにしてしまえば、
他のメーカーは殆ど売れなくなってしまう。

日本メーカーは総崩れになります。

 
●ドコモの今までに投資してきたインフラ費の回収問題。

 

iモードやお財布携帯などの機能をスマホでも使って

収益につなげたいが、iPhoneに搭載するのは一筋縄では行かない。

 

iPhoneを求めてドコモから毎月10万人程度が

KDDIやソフトバンクに流出している現状。

 

この出血とiPhoneを売りたくない上記理由で

ドコモは厳しい選択を求められている。

 
ここ数年、今年の夏はドコモもiPhoneを発売すると言われていますが、
未だに実現はされていない。
 

今年のツートップ戦略は最後の手段とも思われ、

その成果如何になりそうですね。

 
ただこの件はドコモに頑張って欲しいと思います。

 

ドコモユーザーからすれば、

ドコモからiPhoneを出荷して欲しいとも思いますが、

さすがにそれでは日本の製造業が瀕死の状態になってしまう。

 

それに私的にはスマホがみんなiPhoneになってしまったら
せっかく新規に買うときに選択の自由も無くなってしまい、

つまらなくなる気がします。

 
結局、APPLEの強気の戦略が凄いです。
それだけワールドワイドで売れてる証拠なんだろうけど。
 
日本の製造メーカーからすればドコモはお客さんだけど、

APPLEは売ってやるって身分のきがします。

 

どっちがお客さんなんだろう??
 
最後は独占禁止法(反トラスト法)の問題になってくる気もする。
 
私はApple製品もかれこれ20年以上見てきました。
 
昔からデザイン優先でGUI(グラフィック・ユーザー・インターフェース)の
思想も貫いており、ユーザー目線の製品であるのはよく知っています。

 

WindowがGUIになったのは、Appleに刺激されてからなのは

言うまでも無い話しですよね。

 
そのAPPLEも一時期はWindowsブームで

事業は空前の灯火になったケースがある。

 

その時は「独占禁止法」で救われ、

マイクロソフトに資金援助された記憶があります。

 

その経験があるなら今は売れてるからと言って、

過剰なまでの販売条件まで提示しなくても良い気がするけど。

 

ただiPhoneも先進国は既に飽和状態で有り、

後進国に販売して行かなければならない。

 

後進国となると原価競争は必須であり

今までの様には行かないでしょうね。

 
結局、数年前のドコモの勢いはどこに行ったの??

って感じぐらい深刻ですね!

企業は全盛期があれば、やっぱり衰退期はある。

 
全盛期の頃は衰退するなんて微塵も感じなかったり

するものですが、そんなに甘くは無いです。

 

その頃に先を見据えて他に投資するなり

貯蓄をするなりした方は継続的に反映できる。

 
ただ人間の感情的には難しいです。
 

現状が絶好調だったらいつまでも続くと思ってしまいますし、

逆もまた真なりで、不幸の時は明るい未来を想像できない。

 

私の好きな言葉に、

「土砂降りの雨は続かない!」ってのがあります。

 

その時は窮地に追い込まれている様に感じても、

やまない雨は無い!

辛抱して前向きに努力をしていれば改善される。

 

窮地の時にアクションを起こしてしまうと、

大抵そういう時のアクションは間違っている。

 

正常な神経の時では無いので、間違いやすいです。

窮地の時はしばらくじっとしているのが大切でしょう。

 

ドコモもアップルも今後の動きに注目ですね!!

その前に私も仕事が一杯ありますが。。。(笑)

 

 
本日も、最後までお読み頂きまして
 
ありがとうございました。
 
また、宜しくお願いします。
 
 

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る