記事の詳細

通信費をいろいろ調べて行くと、

かなり損している事がわかりますね!

 

●スマホに切り替えて最初に契約したプランから
 変更していない利用者は損をしている可能性が高い!

 

●通信費の基本料金を6,000円以上払っている利用者は
  改善の余地有り。今すぐ見直した方が良いです!

 

上記の様なユーダーは通信料金の見直しを考えた方が良いです。

今回真剣に調査してようやく納得しました。

 

確かにスマホを契約したままでは損をしています。

 

スマホの契約をしたことがある方ならわかると思いますが、

各社の料金プランを見比べると、どのキャリアでも

「通話に特化したプラン」「通信に特化したプラン」

に分けられています。

 

結局、1つの契約(1台の携帯)で両方の良いところを

引き出すことはできないので、結果的にスマホ一台で

契約してしまうと割高な料金体系になってしまう。

 

DOCOMOの場合

無料通話が約142分間付いた『タイプMバリュー』
(月額2625円/この金額は2年の継続契約で割引になる
 『ひとりでも割50』に加入していることが条件)を選択し

パケット通信使い放題の『パケ・ホーダイ フラット』(月額5460円)

を申し込んだ場合、それだけで8,000円を超えてしまう。

 

ここにiモードの使用料などを含めると月額9,000円近くになります。

確かにこの様なケースで使われている方は多いと思います。

高額です!

スマホとガラケー2台持ち

 

携帯料金の節約の解決策

現状の問題は一台のスマホで、

通話と通信を両方行っている点に問題があります。

 

前出のように今の通信キャリアの料金設定には、

「通話に特化したプラン」「通信に特化したプラン」

はありますが「両方を満足するプラン」は無いです。

 

そこは戦略的にキャリアが設定していない。

⇒通信費を儲けようとしています!

 

通信費音声データ通信を両方満足できないので

だったら携帯電話の2台持ちにして、

音声専用携帯データ通信専用携帯

作成してしまえば良い!と言う考えが思い付きます。

 

音声専用携帯は従来のガラケーで良いですし、

データ通信専用携帯にはスマホが適しています。

 

具体的な携帯料金の節約方法

どのキャリアでもスマホ契約時には

SIMカードも一緒に手渡されます。

 

その元々入っていたSIMカードの代わりに、

別途購入できるMVNOのSIMカードを使うと

携帯料金を節約することが可能になります。

 

MVNO仮想移動体通信事業者の発行するカードです。

元々スマホに入っていたSIMカードは

ガラケーに音声専用端末として使います。

 

携帯電話を2台持つと基本通話料だけでも

結局は損をすると考えがちですが、

音声通信とデータ通信では料金体系がそもそも合っていないので

この考えは理論的に合ってます。

 

音声通信を安くする方法は多々あります。

ガラケーを安く契約する方法でも良いですし

WILLCOMを使う手もあります。

流行のLINEの通話をメインに使ったり、

電話は050番号(OCNやFUSION)にしてしまう方法もあります。

 

スマホに変えて通信費が高くなっている方が居ましたら、

今一度、再考してみる価値はあると思います。

 

●ケータイ&スマホは2台持ちがこれからの基本となる!

●携帯通信費を月額2000円以下も可能!

 

上記は可能です。

ただし

①スマホのSIMフリー端末は事前に必要

②MVNOのSIMカードではテザリングが行えない!?

などの仕様条件はありますので各自で確認は必要です。

 

ただ最近、2台持ちにしている方も多いので

かなり実用的な手段です。

 早速私も行ってみます。

 

☆スマホの料金が高い方は下記の2つの検討が必要です!

 

【SIMフリー】話題のMVNOで格安スマホをゲットすれば通信費は激安!

>>格安スマホのユーモバイル!MVNOでお得です!<<

 

【スマホ本体】スマホ乗換はキャッシュバック率の高さで比較!

>>乗り換えで最大50,000円キャッシュバックキャンペーン!<<

 

【通信費の節約検討の関連記事】

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part7) 050plusの利用開始!改めて気が付いた利点

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part6) 携帯2台節約術と携帯一台での方法検討

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part5) MVNO仮想移動体通信事業者って何?

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part4) IP電話会社の具体的利用方法

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part3) IP電話を利用して携帯料金を安くする。

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part2) 音声専用携帯を作成して携帯料金を安くする。

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part1) 音声専用携帯とデータ通信専用スマホ

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part0)Emobile Stream Xで通信費の節約の評価

 

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る