記事の詳細

前回の通信費の節約検討(Part1)で触れた様に、

基本的に通信費が高い理由は、

スマホのデータ通信費が高い理由が殆どです。

 

スマホを契約したままで利用している方は、

かなり通信費を下げることが可能です。

 

そのためにスマホのデータ通信費は、

MVNOのサービスを利用すると安くなります。

 

MVNOのサービスにすると、050などのIP電話は

使えますが、携帯電話番号は使えないところが多いです。

 

そのためにまず音声専用端末を格安で作成する

ところから検討を開始します。

 

 結局、各キャリアで音声専用端末を格安で作成する

ポイントは2つあって重要です!

 

①月々サポートの金額

・端末を新規に購入したときに付いて来るサービス

・2年縛りはありますが月々3,000円も付いて来るサービスもあります。

・うまいタイミングで購入すれば端末代と基本使用料は当然”無料”で

 1,000円ぐらいの無料通話分まで付いて来るチャンスがあります。

 

②キャンペーン

・乗り換えキャンペーン、新規キャンペーンなど、

 その時のキャンペーンは美味しいです。

 

・特に最近は2年の縛りが付く契約が大部分なので、

 購入する時のサービスがより重要になります。

 

・9/30にはソフトバンクが「2013年秋冬モデルの発表」を行います。

 今回は3キャリアともiPhoneのワントップとなるので、

 ますます競争が激化して新キャンペーンもあると思います。

 今はまさに絶好のチャンスですね!

 

★ポイントは「月々サポート」になります。

 なるべく高額な月々サポートで契約すれば、

 格安携帯の作成が可能となります。

 

 

まとめ(ドコモで携帯料金を安くする方法)

①一番最安の契約方法
「タイプシンプル バリュー」:¥780円/月額

・バリュープランへの契約は必要なサービス
・iモードメールは使い放題

 

⇒これだと月々サポートは780円で良い。

タイプシンプル バリュー

 

②無料通話1,000円分(25分)を残すなら

「タイプSS バリュー+2年縛り割引」:¥980円/月額

・”ファミ割”か”ひとりでも割”が必要

・契約が2年しばりになる。(途中解釈には解約手数料が発生する)

 

⇒これだと月々サポートは980円で良い。

タイプSS バリュー+2年縛り割引※着信専用で使うなら①がシンプルですね!

※”音声発信”と”データ通信”の格安方法は沢山あります。
(次回以降に配信します)

 

【参考】

・9/20にドコモに調査に行って来ました。

 近くのビックカメラの携帯電話販売コーナーも調査済み

・ドコモのガラケーの最大月々サポート額は780円でした。

 ギリギリ無料電話が作成できる段階であり

 タイミング的に面白くないですね。

・キャンペーンを待ってみようと思ってます。

 

☆スマホの料金が高い方は下記の2つの検討が必要です!

 

【SIMフリー】話題のMVNOで格安スマホをゲットすれば通信費は激安!

>>格安スマホのユーモバイル!MVNOでお得です!<<

 

【スマホ本体】スマホ乗換はキャッシュバック率の高さで比較!

>>乗り換えで最大50,000円キャッシュバックキャンペーン!<<

 

【通信費の節約検討の関連記事】

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part7) 050plusの利用開始!改めて気が付いた利点

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part6) 携帯2台節約術と携帯一台での方法検討

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part5) MVNO仮想移動体通信事業者って何?

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part4) IP電話会社の具体的利用方法

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part3) IP電話を利用して携帯料金を安くする。

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part2) 音声専用携帯を作成して携帯料金を安くする。

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part1) 音声専用携帯とデータ通信専用スマホ

 ●スマホ料金高い方の節約術(Part0)Emobile Stream Xで通信費の節約の評価

 

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る