記事の詳細

愛煙家の間で電子タバコが大きなブームを呼んでいます。
近年における嫌煙運動は、過剰なまでの分煙のみならず、制度面からの禁煙さえ促してきたものでした。

しかし、電子タバコの登場によって、そうした潮目が変わりつつあります。
従来のタバコのような危険性を排除しつつも、味わいをキープしていることで、

多くの人の支持を集めているのです。

電子タバコのメリットとは

メリット

電子タバコのメリットは、その安全性にあります。
1つは、副流煙が発生しないことがあげられます。

タバコといえば紫煙がつきものでしたが、これには大量の有害物質が含まれており、
吸わない人のまで健康被害を与えかねないものでした。
さらには煙のせいで、あちこちに臭いが染みつくようになり、文字通り煙たがられる要因になったのです。

しかし電子タバコは、カートリッジを熱して水蒸気を吸い込むかたちですから、
余計な副流煙が発生しません。
口から吐き出すものも水蒸気を含んだ息にすぎませんから、臭いも最小限に抑えられているのです。

このため、愛煙家の部屋や喫煙スペースから漂うヤニ臭さも収まり、
他社の迷惑にならない環境が実現できているのです。

電子タバコで防げる被害とは

歩きたばこ

また、いわゆる歩きタバコによる火傷が防げるのも、有益なポイントです。
今までのタバコの先端は、火がついた状態で800℃にも達しますので、たいへん危険なものでした。
そして大人が手を下げた位置は、ちょうど子どもの顔の高さになり、
最悪の場合、目に押し付けられて失明する可能性さえあったのです。

しかし電子タバコであれば、火を使わないので、安全性が大幅に上昇しました。
そして、消費するのはあくまでもカートリッジのみなので、迷惑な吸い殻のポイ捨てもありません
景観にも人間にも優しい技術が、電子タバコには用いられているのです。

もちろん、最低限のマナーを守ることは愛煙家として当然の嗜みです。
数々のメリットがある電子タバコを賢明に使って、リラックスできる一時を堪能していきましょう。

電子タバコの詳細をもっと知りたかったら電子タバコ・危険性が参考になります。

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る