記事の詳細

アメブロでの集客ツールとして、老舗の「アメーバキング2」が 満を持してバージョンアップしましたね!

元々はアメーバキングがアメブロの集客ツールとしては有名だったのですが、 アメブロとワードプレス(WP)

連動機能が付いたアメプレスにシェアをかなり奪われていました。

 

WP-アメブロの連動機能は、WPに記事を投稿するとアメブロにも同じ記事が 自動で投稿されて

集客効果が高まるシステムです。

無料ブログの中でアメブロだけは、Googleのコピーサイトにはならない仕組みになっています。

(全ての記事がバックリンクになるけど詳細は過去記事で)

アメーバキング2

WP-アメブロ連動機能の本当の意味

WP-アメブロ連動機能は、WPとアメブロの同時投稿(スパムにならない)機能ばかり目が行きがちですが、

実はWP-アメブロ連動の一番の効果は、アメブロの恒久バックアップになることです。

御存知の通りアメブロは無料で利用できますが、アメブロ自体は商用利用は禁止になっています。

そのため、せっかく書いた記事もいつ消えてしまうかわからない状態です。

 

所詮、無料ブログなので、所有権は運営者である株式会社サイバーエージェントにあるのは仕方がないことですが、

ブログ自体は自分の資産でもあるので、自分で管理しておきたいものです。

そこで登場したのがアメプレスです。

アメプレスは、WP-アメブロ連動設定でしっかり、アメブロからWPへ引っ越しが行えます。

そのため、アメブロが凍結騒ぎになった頃からアメブロユーザーを捕まえて、しっかりアメプレスに乗り換えた方が多かったです。

アメーバキング2

 

バージョンアップした「アメーバキング2」

今回バージョンアップしたアメーバキング2は、当然、WP-アメブロ連動機能も付いてます。

しかも、アメプレスは1ライセンスでWP連動設定が行えるのは3ブログまでですが、

バージョンアップしたアメーバキング2では、基本的に無制限です。

私もWP-アメブロ連動が無制限に惹かれて、さっそく評価を開始してみました。

 

同じアメブロ集客ツールである「アメージング」と比較して

他にもアメブロの集客ツールとしては、アメージングもあるのですが、

アメージングは、アメーバキング2やアメプレスとは違った買取型です。

買取型であり コストパフォーマンスが高いのですが、アメージングは

アメブロの集約機能に特化して作られている為、WP-アメブロ連動機能は無いです。

アメージングアメージングの集客ツールの面に置いても、老舗のアメーバキング2やアメプレスにある機能が

無かったりしたので、私は使って無いです。

アメージングは、アメブロの集客機能に特化して使う方には良いのかもしれないですが、

機能的にも最低限欲しい機能が無かったので、私は使ってないです。

※この辺の詳しい話はかなり細かくなるので、機会がありましたら記事をアップしたいと思います。

 

バージョンアップした「アメーバキング2」の機能

バージョンアップしたアメーバキング2の機能は本当に多いです。

月々2,980円は必要ですが、その費用にあまりある機能が付いています。

機能が多過ぎるので、詳細はアメーバキング2で確認願います。

集客効果

基本的にアメーバキング2は、満を持してバージョンアップして登場したので、

アメプレスにある機能は下記の様に網羅しています。

加えてアメーバキング2の独自機能もあるので、お得感いっぱいです。

 

細かく説明していくと切りが無いのですが、大きなポイントは3つあります。

まずは「アメーバキング2」と「アメプレス」の機能比較表が下記になります。

・【赤枠】は「アメーバキング2」が「アメプレス」より特に優れていると思う箇所です。

・【青枠】は「アメプレス」の方が「アメーバキング2」より特に優れていると思う箇所です。

私はアメプレスを3年近く使っているので、詳細比較を行い出すと切りが無い状態ではありますが、

大きな違いは3点と感じています。

比較01

■1.WP連動が基本的に無制限に行える!

アメプレスは、1ライセンスでアメブロと連動できるワードプレス(WP)は3個までです。

WP-アメブロ連動システムの追加料金を払えば、数を増やすことは可能ですが費用がかさむばかりです。

その点、アメーバキング2なら無制限にWP-アメブロ連動が可能です。

正確には、WP-アメブロ連動の仕方が異なり、アメーバキング2の方がWPを設置するレンタルサーバーを選ぶ時があります。

それでも、WP-アメブロ連動に縛りが無いのは魅力です。

 

■2.有料で販売されているアメブロテンプレートが利用できる。

アメーバキング2を契約すると、今でも有料で1万円以上で販売されている

アメブロビズ3(Ameblo Biz3) が利用できてしまいます。

私は「アメプレスとアメブロビズ3で効率的にアメブロを構築する方法」でわかりますが、

「アメブロビズ3」を1万円以上で購入してしまっているので、ほぼ無料で利用できるのはショックです。

アメブロテンプレートアメブロビズ3は、本当に簡単な設定で、きれいアメブロサイトが作成できます。

本当に集客したいなら、ブログの見た目は大切です。

しかしそこに時間を掛けていられないのも実情です。

そんな悩みを解決してくれるのが「アメブロビズ3」です。

アメーバキング2を契約している間は、使い放題と言うのですから太っ腹です。

アメプレスにもアメブロテンプレートはありますが、テンプレの種類も圧倒的に少なくデザイン性も無いです。

 

しかも、アメーバキング2のテンプレートは、アメブロに設置してしまえばライセンスの縛りも無いので、

たとえアメーバキング2を解約することがあっても、ず~と利用できてしまいます。

アメーバキング2を利用している間に、アメブロビス3を利用してアメブロサイトを作りまくってしまった方が良いですね♪

 

■3.アメーバキング2は初期手数料が今なら【無料】

アメプレスは、初月5,980円の初期手数料が必要です。

しかし、アメーバキング2は初月から2,980円で利用可能です。

アメブロでの集客を考えている方にとって、この差は大きいと思います。

 

少し試してみて自分に合わないようなら辞めたとしても、アメーバキング2なら月々の費用だけで済みます。

しかし、初期費用のかかるアメプレスでは、再登録の度に初期費用がかかるのでは、気軽に辞めることも始めることもできません。

その点においても、アメーバキング2は、かなり利用しやすくなっていると言えます。

他にもアメーバキング2の特徴はいろいろあるのですが、長くなり過ぎてしまうのでこの辺にしときます(笑)

 

しかし、アメブロからワードプレスに引っ越しするだけなら、アメプレスの方が楽だったりします。

アメーバキング2もマニュアルでWPに引っ越しは可能ですが、アメプレスは自動で行えたりしますので、

アメーバキング2は殆どの機能でアメプレスを凌駕しているという売り込みですが、完璧では無いです。

 

結局、自分に合っているかどうかは、実際に自分で使ってみないとわからないものです。

そういった意味でも、どちらにしようか考えている時間は勿体無いので、

初期費用が無料のアメーバキング2の方が取り組みやすいと言えます。

 

※備考

私は昔から好奇心が旺盛なので、面白そうなツールがあったらすぐ試してみたくなります。

でもツールの評価ばかりしていても稼ぎにはならないので、困ったものです。

今までに評価したツールは下記になります。

アメブロツールまとめ

アメプレス(Amepress)
・ワードプレス&フェイスブック&ブログ集客ツール
アメーバキング2(AmebaKing2)
・アメブロ売上倍増&アクセスアップの多機能ツール
アメブロビズ3(Ameblo Biz3)
・集客の為のアメブロビジネステンプレート
アメージング(Amezing)
・アメブロアクセスアップツール、自動ペタ・自動いいね・自動読者登録など機能満載
●黒船(WordPressテンプレート)
・レスポンシブデザイン対応、SNS連動型ワードプレステンプレート

 

以上、宜しくお願いします。

 

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る