記事の詳細

amezing01-2

アメブロのアクセスアップツールとして多機能で人気の【アメージング】の評価を開始しました。

確かにアメージングのLPを見ると、多機能なのがよくわかります。

アメブロのIDは無制限に登録可能ですし、集客条件も21条件から選択できます。

加えてバージョンアップも頻繁に行われているようです。

amezing02

 

アメージング(Amezing)は、アメプレス(Amepress)アメブロ集客ツールの部分だけにしたような製品です。

アメプレスは3年ほど使い込んでますので、アメージングの使い勝手が気になって購入してみました。

あと何と言ってもアメージングが良いのは、【買い切り型】であることです。

アメプレスは月額課金制であり、この差は大きいですね!

月額課金は月々の支払額は小さく感じますが、一年で見ると大きいです。

  

アメージングとアメプレスの購入価格比較

◯アメージング(Amezing) 12,800円(買い切り型)

◯アメプレス(Amepress)  2,980円(月額課金制)

単純にアメージングとアメプレスを費用だけで比較してみますと、 アメージングを12(月)で割ると

1,000円程度になるので、一年使用した時にアメプレスの1/3になります。

ブログは一年だけでは終わらないので、これが一年以上になるとこの差は歴然としてきます。

【買取型】って、やっぱりコスパが良いですね!!

ただし、アメプレスはアメブロ集客機能もありますが、他にも強力なWP、FBの連動機能があり

アメブロのバックアップも行えますし、ワードプレス(WP)で恒久的にバックアップしながら

アメブロ連動機能で拡散を行っていくことが目的になります 。

アメブロ集客機能に特化したアメージングと単純に比較してはならないです。

 

アメージングとアメプレスのアメブロ集客機能

肝心のアメージングのアメブロ集客機能ですが、確かにいろいろ行えて多機能のいようです。

まだ私は触り始めたばかりなので全部はわからないですが、いろいろなことが行えます。

【なう】や【アメンバー】の管理機能まであるので、アメプレスの集客機能は超えている気がしました。

ただ、私はそこまで使わない機能が多いた気がしました。

 

あと気になったのは、アメプレスは最近稼働しているブログのリストを作成することが可能です。

そのリストにアクションを起こせるのですが、アメージングはそこまで対応していないようです。

アメブロは死んでるサイトも多いので、死んでるサイトにアクションを起こしても

労力の無駄だけであり、この差は大きく感じます。

 

あと基本的にアメプレスは集客のアクションを開始するリストを初めに作成して

そこに集客アクションを開始していきます。

そのため、集客リストを作成しなければならないですが、リストが出来上がってしまえば後の操作は速いです。

逆にアメージングの場合は、リストを作成する概念は無いので、

都度、アクションをするターゲットを選ぶ必要があります。

どちらかが良いかは相性問題の気がしますが、私はアメプレスで慣れてしまっているので

アメプレスの方が扱いやすいですね。

ただこれからアメージングを使い込んでいけば、もっと良さに気付いていく気はします。

 

アメージングは【買い切り型】という圧倒的なアドバンテージがりますが、

肝心の集客機能に関しても老舗のアメプレスの方が現時点では使いやすい気がしました。

ただアメージングは新機能がどんどん増えているので、これからの成長性が楽しみです。

買い切り型ではありますが、バージョンアップには無料で対応してくれるので助かります。

逆にアメプレスの機能アップは最近聞かないです。

既に完成粋に達しているってことですかね。

まだアメージングは使い始めたばかりなので、これからいろいろ使い倒して

便利な使い方を発見してみようと思います。

 

Amepress01>>アメプレス(Amepress)の詳細はコチラから確認できます!<<

 

 

アメブロのバックアップ&アメブロを使った集客ツールはアメブロツール]が参考になります!

・アメブロ集客ツール+αでトータル環境を構築できる「アメプレス」「アメーバキング2」「アメージング」

・アメブロのデザインをきれいに簡単に変更可能な「アメブロビズ3」

・無料ブログもSNSも連動型のレスポンシブルWordPressテンプレート「黒船」

 

関連記事

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ページ上部へ戻る